感性症のひとつヘルペスは不正出血が起こることがある

感性症の1つに性器ヘルペスがあります。性器ヘルペスはセックスなどによってウイルスに感染し、性器やお尻の周辺に水ぶくれができる感性症です。性器ヘルペスを発症するウイルスの特徴としては、初期の感染後に免疫ができていても体力の低下や外傷などと言った機会があれば再発を繰り返してしまうことです。ヘルペスウイルスが一度体内に侵入してしまうと、腰周りの神経の根元の神経細胞にすみ付いて潜伏し、何らかの刺激を受けると皮膚や粘膜に現れて症状を再発させてしまいます。女性と男性とでは症状が異なります。女性の場合には感染してから4日から10日ほどの潜伏期があり、その後に発症します。はじめは感染部位に水ぶくれなどができ、それがつぶれてただれたような潰瘍性の病変が出ます。外陰や膣の入り口、お尻などにできることが多くそのままにしてしまうと子宮頸管や膀胱にまで広がることもあります。水ぶくれや潰瘍ができたり、強い痛みで排尿が困難になったり発熱、太もものリンパ節の腫れや痛み、不正出血などが起こることもありますが、不正出血は他の要因でも起こることがあるためヘルペスに感染していると思わない人も多いです。まれにウイルスが髄膜にまで達してしまうと髄膜炎を起こすこともあります。男性の場合には亀頭や陰茎体部、太もも、お尻、肛門周辺、直腸粘膜に症状が出やすくはじめは患部の表面がヒリヒリしたり、かゆみが起こったりします。その数日後には赤いぷつぷつや水ぶくれができ、発熱などが起こる場合もあります。自覚症状が出ないこともあり、自分では気がつかずにパートナーに移してしまうこともある感性症でセックスの際に膣の入り口にできた水ぶくれがつぶれて少量の不正出血があったりもしますが気にしないでそのままにしてしまう人も少なくありません。男女共に再発の場合は小さな水ぶくれができるだけといった軽い症状ですむことが多いです。